家庭教師の学歴

家庭教師の案件の中で一番多い中学生の学校の補習や定期テスト対策の依頼については あえてハイレベルな学歴は必要がありませんけど、 しかし中学レベルの英語・数学を指導できる能力・学力程度が必要になってきます。 そして、中堅校以上の中学受験生に塾の補習・算数指導のような案件では、 中学受験経験者に対象が限られます。学歴重視というよりも、 「出身中学」だったり、「指導経験」が大きな決め手になる場合もあります。

今、個別指導塾というものも大変流行っていますし、 このような選択ももちろん一つの方法なのですが、そこにはどのような点に違いがあるのでしょうか。 家庭教師の場合、指導が可能かを判断する為に学歴(出身中学・高校・大学)や更に 「受験科目」「入学方法」などの登録データから見て候補者を絞り込むことはあります。 個別指導塾でもこの点については同様です。

しかし、もう少し詳しく解説すれば、個別指導塾の場合、生徒さんに先生を紹介するとき、「講師の○○先生」というような紹介の仕方をしたりするため、 家庭教師と比較して、学歴が表に出ないケースも多いようです。 個別指導塾でお仕事をするよりも、時給の相場も、家庭教師の方が、 500円程度高いとも言われています。学歴に自信があるのなら選択は、 家庭教師ということではないでしょうか。学歴が全部は言いませんが、 学歴が無関係でもないお仕事が家庭教師と言えそうです。

最新情報

  • やっぱり学歴?

    家庭教師になりたいけど、

    Read More

  • 家庭教師の学歴

    家庭教師の案件の中で

    Read More